株式会社ビーコンラーニングサービス

デジタルラーニングDigital learning

それって集まる必要ありますか?
集まらなくても、これまで以上の人材育成効果を高めるためのラーニングデザインをいたします。

集まらないでも効果が高い研修

働き方改革や、昨今の新型コロナウイルスの影響により、我々の働き方は大きく変化してきております。そのような中、就労時間は適正化され、業務改善のための仕組みやシステムが導入されるなど、業務効率も高まってきている状況ではありますが、その分限られた時間内で高い成果を求められるようになってきていることも事実です。それに伴い研修の受講に関しても、日常の多忙さの中で、いかに効率的に、目的に適った能力開発ができるかが大きな課題となっております。弊社では、従来型の集合研修はもちろん、「今」そして「これから」求められている人材育成のあり方について、デジタルという観点から皆様の人材育成のサポートをさせていただきます。

デジタルラーニング新着情報

オンライン研修

Zoom などの web ミーティングツールを活用した研修

オンライン上で実施・受講する研修のことです。
講師や受講者の方々がそれぞれ別の場所にいてもこれまでの集合研修のように行うことができます。

特徴

  1. 職場でも自宅でもPC・タブレット・スマートフォンがあれば受講できる
  2. 講師からの一方通行ではなく、質問など双方向のやりとりができる
  3. グループに分かれての討議ができる
  4. 共有したい資料やファイルなども共有できる

Zoomイメージ

オンラインプラットフォームを活用した研修

集合研修でも、遠隔でのリモート研修でも、その場でテストを実施し、受講者全員の回答を即時に共有したり、アンケートを実施し、即時にアンケートの集計結果を見るなどの双方向的な研修を行うことができます。

特徴

上記のオンライン研修の特徴に加え

  1. 動画の共有
  2. ミニコースの受講
  3. アンケート、討論結果の即時反映
  4. 出席確認
  5. 試験
  6. 事前、事後課題の作成・提出

資料のご希望・お問い合わせ

03-6231-1670

9:00~17:00(土日・祝日をのぞく)

サービス提供元である㈱ビジネスコンサルタントのページはこちら

eラーニング

自由に選べる55コース・267セッション!
世界で選ばれている質の高いコンテンツ

コース・セッションを自由に選択 オリジナルのe ラーニングを構成

弊社では、各コースの学習項目を“セッション”と呼んでいます。
eラーニングの構成単位であるセッションを自由に選択して利用できるので、自社オリジナルのコースを作ることも可能です。
弊社のeラーニングは、クロスナレッジ社( 本社: フランス)が開発し、より日本に当てはまるようにアレンジしたもので、 世界で1,200万人以上の方々が利用しております。

階層別eラーニングのご案内(コース例)

下記階層、ねらい、コースは組み合わせの一例です。貴組織の目的に合わせて組み換えが可能です。

考えることに重点をおいた学習ステップ

身近な事例を取り上げ、確認クイズをおり交ぜながら解説が進みます。
「考える」ことに重点を置いているため、受講者が受け身にならず意欲的に学習ができます。

飽きのこないマルチメディア

アニメーションとナレーションを効果的に活用しているため、飽きずに学習を継続できます。また、1セッションは約30分程度で学習できる構成になっているため、達成感を持ちながら学習を進めることができます。

メンテナンスの必要がないASP サービス

ASPサービスのため、サーバーやソフトウエアの購入・メンテナンスの必要がありません。インターネット接続環境があれば、職場でも自宅でも出張先でも学習できます。

学習ステップイメージ
学習ステップイメージ

資料のご希望・お問い合わせ

03-6231-1670

9:00~17:00(土日・祝日をのぞく)

サービス提供元である㈱ビジネスコンサルタントのページはこちら

ラーニングデザイン

ラーニングデザイン

ラーニングデザインとは、人材育成を進めるにあたって、より効果的に学習効果が継続するように学習の進め方を設計することです。

従来は、集合研修やeラーニングなどの個別学習が主流でしたが、現状はZoomやチャット、テレビ会議などを活用したオンライン学習も主流になってきております。ラーニングデザインにおいては、これらの学習の場や道具を効果的に設計して組み合わせることで、高い学習効果につなげていくことができます。

デザインされた効果的な学習

効果的な学習とは、個人の学習が組織に還元され、それが成果としてつながることです。しかしながら、限られた予算や働き方の多様化、求められるリテラシーやスキルの拡大、学習理論・提供方法の進化など、人材育成において求められることが多様化かつ複雑化しております。そこで弊社では、各組織がデジタル技術を活用して効率的・効果的に人材育成に取り組めるよう、従来の研修プログラムと合わせて「学習管理システム※」や「学習支援システム※」をご提供させていただくことで、体系的に学習の進め方を設計する「ラーニングデザイン」を推奨しております。

デザインされた効果的な学習

※学習管理システムとは

LMS(Learning Management System)と呼ばれ、教育コース、トレーニングプログラム、または学習および開発プログラムの管理、ドキュメント、追跡、レポート、および配信のためのソフトウェアアプリケーションです。

※学習支援システムとは

学習を支援するシステムのことですが、弊社では「ラーニングプラットフォーム」と呼んでおります。一方通行的にインプットするだけの学習ではなく、双方向的な参加型のトレーニングができることや、学習効果を高めるための環境づくりに役立ちます。

ラーニングデザインにおける反転学習とは

反転学習とは、集合学習や個別学習を単独で実施するのではなく、学習効果を維持するために、それらを組み合わせて学習の定着化を図ることです。

事後学習(定着)

個別学習による知識の定着化
理解度テスト、事後課題の提出

集合(応用)

学習した知識の現場活用の検討

事前学習(基礎知識)

個別学習による知識学習
事前課題の提出

学習の定着化を効果的に図る反転学習としてのコンテンツ

従来の集合研修に加え、昨今急速に活用度が高まっているオンライン研修や、個別のオンライン学習などと組み合わせることで、さらに学習効果を高め、目的に合った成果につなげることができます。

反転学習

事前学習(基礎知識) 集合(応用) 事後学習(定着)

独自の品質の違い eラーニング

eラーニングの特徴

  • 267のオリジナル学習コンテンツ
  • 考えることに重点をおいた学習ステップ
  • 飽きのこないマルチメディア
  • メンテナンスの必要がないAPS
  • 視覚・聴覚障害者補助機能付き
  • 多言語対応
eラーニングの特徴
オンラインシステム

オンラインシステム

  • Zoom
  • Webex
  • Teamsなど

組織のニーズに合わせたオリジナルの
eラーニングコンテンツの作成サービス

eラーニングコンテンツ作成の特徴

  • 自分で作成可能
  • 自組織独自のコンテンツ作成支援
  • 個々のノウハウなどを可視化可能
  • 100%Webベースで作成可能
  • 分かりやすい操作
  • デバイスを問わない学習環境の提供
  • テンプレートによるコンテンツ作成

eラーニングコンテンツ作成の特徴
学習支援ツール Blendedx

学習支援ツール Blendedx

Blendedxの特徴

eラーニングを実施する際のベースとなるラーニングマネジメントシステム(LMS)です。
多くのLMSでは、受講者がログインして学習する受講機能、講師や管理者が受講履歴や成績管理を行う管理機能からなります。
受講者への通知、履修コース一覧の表示、理解度テスト機能、事前・事後課題の管理、eラーニングコンテンツの受講、PDF等の資料の掲載、アンケートの実施、ディスカッション機能付き

資料のご希望・お問い合わせ

03-6231-1670

9:00~17:00(土日・祝日をのぞく)

サービス提供元である㈱ビジネスコンサルタントのページはこちら

よくあるご質問

オンラインで受講するには何が必要ですか?

受講される場所や環境にもよりますが、望ましいのはカメラ付きノートパソコン(もしくはタブレット)、イヤホンマイク(もしくはヘッドセット)、そしてWi-Fi環境があることです。

自宅でも受講できますか?

スマートフォンをお持ちであれば可能です。ただし、映像や音声のやりとりはインターネット回線を使用するため、Wi-Fi環境にスマートフォンやタブレット、パソコンをつないでの受講をお薦めします。

Zoomなどのアプリケーションをパソコンにインストールする必要はありますか?

使用するデジタル機器やアプリケーションによって、インストールが必要な場合があります。パソコンを利用してZoomで受講される場合は、ブラウザからの参加ができるため、インストールは不要ですが、スマートフォンでの受講にはアプリケーションのインストールが必要です。その他webex、Teams等、Zoom以外のアプリケーションで受講される場合は、インストールが必要な場合がありますので、弊社にお問合せください。

その他、ご不明な点がございましたら、弊社までお問合せください。

topへ戻る